多摩西部読売会ホームページ
   
多摩西部読売会とは
販売店紹介
購読のお申込
額絵シリーズ
ひとりごと
サンタマリア
サンタマリア編集部より
サンタマリア最新号
サンタマリアバックナンバー
お知らせ
求人情報
お問い合わせ
〒190-0012
東京都立川市曙町
1-27-10
読売立川ビル7F
FAX 042-523-9801
サイト内検索
サンタマリア最新号

2018年4月号 16年間のご愛読ありがとうございました!

2002年10月より16年の長きにわたりご愛読いただきました本紙「よみうりサンタマリアwith婦人公論」は、毎月10日、読売新聞ご購読の皆様に新聞折込としてお届けして参りましたが、発行母体であるYC(読売センター)の組織再編に伴い、いったんお休み(休刊)させていただくこととなりました。今後は不定期刊行の予定ですが、改めて皆様にお会いできることを楽しみにしております。
末筆ながら、読売新聞に変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

編集スタッフ一同


『よみうりサンタマリアwith婦人公論』は、多摩西部読売会発行の情報紙。
中央公論新社のご協力で地域に密着した身近で役に立つHOTな情報を皆様にお届けしています。
婦人公論の表紙と合計8面構成で毎月10日の朝刊時に折り込まれます。
多摩西部読売会の地域(八王子市、他地域を一部含む)の購読者(約10万部)に折り込まれます。
プレゼントの応募は、上記多摩西部読売会の地域の購読者様に限ります。あらかじめご了承ください。



よみうりサンタマリア2018年4月号-vol.187

  【婦人公論】 4/24号(4月10日発売) 観月ありさ さん雑誌の『婦人公論』公式サイト
 
SPECIAL

My Town My Train   京王電鉄 →記事を読む
 
BASKETBALL

トレインズ通信2018  レギュラーステージ優勝! B2昇格へ→記事を読む
 
ORIGIN

地名の由来  相原町→記事を読む
 
NEWSPAPER

KODOMO新聞・中高生新聞  離れて暮らすお孫さんに「よみサポ」でKODOMO新聞・中高生新聞をプレゼントしませんか?→記事を読む
 
CULTURE

知ルクロード “音色で感じる沖縄”→記事を読む
 
CULTURE

著者に聞く 定年後を輝かせる極意待望のまんが化! 楠木 新さん→記事を読む
 
CULTURE

中央公論新社のおすすめ本→記事を読む
 
INFORMATION

サンタマTRAVEL→記事を読む
 
PRESENTS

PRESENTS→記事を読んで応募する!

ページの先頭へ
SPECIAL My Town My Train
京王電鉄
 

多摩地域に住む人たちの生活に欠かせない京王電鉄。八王子市に11駅、町田市に1駅があり、通勤・通学で毎日利用しているという方も多いでしょう。私たちの生活の足、京王電鉄の「いま」について京王西管区長の難波政則さんにお話をうかがいました。


多摩西部を走る京王3路線

 京王電鉄は、都心と多摩西部地区を結ぶ各路線と、渋谷−吉祥寺を結ぶ井の頭線84・7qの路線を有する鉄道会社。そのうち八王子・町田市内には、京王線、高尾線、相模原線の3路線が走り、計12の駅があります。それぞれの路線には、どんな特徴があるのでしょう? 京王線、高尾線の八王子市内の駅を管轄する京王西管区長の難波政則さんにお話をうかがいました。
 「京王線(府中−東八王子間)は...<詳細は本紙で>

画期的サービスに全国が注目
 そんな京王電鉄がこの春、注目を集めています。
 まずひとつめは、新宿−京王八王子、橋本間を結ぶ京王電鉄初の有料座席指定列車「京王ライナー」の登場です。
 「都心から座って帰りたいというお客様のニーズに応えたもので、2月22日から運転を開始しています。指定券はネット予約で、1分前まで予約可。車内はフリーWi-Fi、電源コンセント付きのクロスシートで、新型5000系車両を使用して、京王八王子まで最速35分、南大沢まで最速28分にて、......<詳細は本紙で>

難波管区長監修 知ってた? 京王線トリビア&豆知識
1 京王線と井の頭線は別の会社だった
2 京王線のレール幅は馬車と同じ?!
3 ブレーキで発電。エコな駅
4 新宿にも渋谷にも行ける便利な定期券
5 高尾山へ行くなら京王で......<詳細は本紙で>

難波政則さん高尾山温泉


開業当初 高尾山口駅
高尾山口駅
高尾山トレイン
     

ページの先頭へ
BASKETBALL トレインズ通信2018
レギュラーステージ優勝! B2昇格へ!
 

 


 東京八王子トレインズは、11月から3月まで9チーム4試合総当たりで争われていたレギュラーシーズンを26勝6敗で制し、ファーストステージに続き、優勝を果たしました。
勝率8割超、連敗も1度だけと圧倒的な強さを誇った要因を、石橋貴俊ヘッドコーチは「新加入の選手たちがしっかり結果を出し、伸び盛りの若い選手たちも着実にレベルアップした。選手たちの努力の成果が現れました」と話し、「試合を経るごとにアリーナが盛り上がり、選手が『ゾーン(超集中状態)』に入ることができた。ファンの声援のおかげです」とも。
レギュラーシーズン最終戦の終了後には優勝セレモニーが行われ、B3リーグの丸岡茂樹理事長より手渡された優勝トロフィーを囲み、選手とファンが一緒になって記念..<詳細は本紙で>

前売券は、東京八王子トレインズ公式WEBサイト(https://trains.tstar.jp/)ほか各種チケット販売サイト、トレインズオフィシャルショップ「TRAINS STATION」(八王子市子安町3-6-7サザンエイトビル1階/毎週火・木・土曜日 10:00〜16:00)などで販売しています。


東京八王子トレインズ

   

ページの先頭へ
ORIGIN 地名の由来
相原町
 

 


  八王子駅からJR横浜線で横浜方面へ向かい、八王子市南端のニュータウンが広がる八王子みなみ野駅を過ぎると、御殿山の峠を貫くトンネルを抜け、相原駅に到着します。
 相原駅の所在地は東京都町田市ですが、次の駅・橋本は神奈川県相模原市になります。
 相原の地名は、平安時代後期〜鎌倉時代に八王子から相模を治めて..<詳細は本紙で>


相原町

   

ページの先頭へ
NEWSPAPER KODOMO新聞・中高生新聞
離れて暮らすお孫さんに「よみサポ」でKODOMO新聞・中高生新聞をプレゼントしませんか?
 

 


 お孫さんの進学・進級のお祝いに『読売KODOMO新聞』や『読売中高校生新聞』の定期購読をプレゼントされてはいかがでしょう。
 読売新聞では、購読される方に代わって購読料をお支払いいただき、ご指定先に新聞をお届けする「よみうり購読サービス(よみサポ)」を行っています。
 よみサポの対象には、読売新聞のほか、The Japan News,小学校高学年向けの「読売KODOMO新聞」、ティーン世代向けの「読売中高生新聞」があります。

■問い合わせ よみうり購読サポート事務局 [TEL]0800-17-096-43 受付時間 10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除く

KODOMO新聞&中高生新聞 おトク情報!

現在、読売KODOMO新聞をご購読いただいている読者の皆さまに、優待価格、併読価格をご用意しております。
●KODOMO新聞から中高生新聞への切り替え購読の場合、 切り替え開始から6ヵ月間は月額780円の購読料が500円(ともに税込み)になります。
●KODOMO新聞と中高生新聞の2紙を併読される場合、購 読料は月額1,000円(税込み)となり、月額280円のオトクです。



KODOMO新聞・中高生新聞

   

ページの先頭へ
CULTURE 知ルクロード “音色で感じる沖縄”

 街を歩けば沖縄料理店を目にしたり、テレビでは沖縄出身のアーティストが活躍する現在、私たちの生活にも沖縄の文化が浸透し、沖縄三線の音色を耳にする機会も増えました。これは中国で生まれた弦楽器が沖縄で独自の発展を遂げたもので、現在の三味線のルーツにもなったといわれています。主に単音でメロディを演奏する独自の曲調には、懐かしさ、やさしさがあります。
 講師は、三線月の音会主宰のゆき音さん。講座では主に「安里屋ユンタ」「てぃんさぐぬ花」などの沖縄民謡・童謡を演奏します。「個人レッスンですので、受講生のペースに合わせてゆっくり沖縄らしい音色を楽しみます」と、ゆき音講師。聞く人を南国へ誘う楽器の魅力を味わってみませんか。....<詳細は本紙で>
よみうりカルチャー八王子

 
講座名 「はじめての沖縄三線を弾いてみよう(個人)」
◆講師 ゆき音(三線月の音会主宰)
◆日時 第2・4月曜 18:30〜20:30
◆受講料 3か月6回 19,440円
◆保険料 1,101円 ◆備考 途中受講・見学・体験可能(要予約) ※回数は期によって異なる場合があります

よみうりカルチャー八王子  TEL042-622-6211 FAX042-622-6214  HP http://www.ync.ne.jp E-mail hachioji@ync.ne.jp

ページの先頭へ
CULTURE 楠木 新さん
「支配は続く、どこまでも」母娘の気持ちをマンガで

 2018年の新書大賞第5位にも選ばれた話題のベストセラー『定年後』(中公新書)。そのエッセンスをまんがでわかりやすく伝える一冊が4月25日に刊行されます。今回は、原著者であり、まんが版の監修もしていただいた楠木新さんに聞きました。
 「定年後」をテーマに執筆されたきっかけを教えてください。
 最近、「人生100年時代」という言葉が普通に語られるようになりました。平均寿命は、戦後から一貫して伸び続けて、いまは男性で81歳、女性で87歳。定年である60歳からでも20年以上の持ち時間があります。
 ただあまりにも寿命の伸びが急激だったので、諸々の社会システムや人の生き方、働き方がその変化に追いついていません。そのため定年後にどのように過ごしてよいのかとまどい、立ち往生している人が少...<続きは本紙で>

 
楠木 新さん 楠木 新
1954年、神戸市生まれ。京都大学法学部卒業。生命保険会社に入社し、人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長等を経験。2015年、定年退職。50歳から勤務と並行して「働く意味」をテーマに取材・執筆・講演に取り組む。現在、神戸松蔭女子学院大学教授。『人事部は見ている。』『左遷論』など著書多数。

ページの先頭へ
CULTURE 中央公論新社のおすすめ本
法医学事件簿−死体はすべて知っている (中公新書ラクレ)

上野正彦著 中公新書ラクレ 842円


今日を悔いなく幸せに (中公文庫)

吉沢久子著 中公文庫  670円


  秘められた“死体の声”を聞き取るには――。30年間で2万件以上の検死・解剖を行ってきた天才監察医の著者が、猟奇事件や謎の多い事件の真相を炙り出す、推理小説よりスリリングな一冊です。   元気で長生きする秘訣は、日々の暮らしの中に小さな喜びを発見すること。100歳になったいまも現役の生活評論家が、朗らかで新鮮な心でいるための体験的ヒントをたっぷりお伝えします!  

Copyright(c)2000 多摩西部読売会 All Rights Reserved.